市民自治基本条例の制定を求める

2009年11月18日 16時56分 | カテゴリー: トピックス

2010年度予算要望を提出

 本日、清水庄平立川市長へ、2010年度の予算要望書を提出しました。歳入が30億減少すると予測される中、国の補助金も定まらず、たいへん困難な予算編成作業が行われます。
 限られた財源ではありますが、市民の声をまとめ、要望書を提出しました。
 基本事項として
1、仮称「市民自治基本条例」制定を目指して進めること。
2、夢育て・たちかわ子ども21プランの見直しについては、現在のプランの理念を尊重し、プラン実現に努めること。
3、立川市環境行動計画の見直しでは数値目標をたて、着実に実行すること。
4、子どもから高齢者までの地域福祉を充実させるために、具体的な年次行動計画をたてて進めること。
5、男女平等参画基本条例に基づき、各種会議の委員の男女比率を同等とすること。特に防災会議に、女性を参画させること。
6、2011年予算編成にむけての事業仕分けを、市民参加・公開で行なうこと。
 これらのことを基本において、2010年度の予算編成を行うよう要望しました。