ごみ組成調査見学報告会

2009年5月24日 16時24分 | カテゴリー: トピックス

5月23日 おしゃべりサロンを開催

 立川市で初めて行われた、ごみの組成調査(性質調査)を4日間に渡って見学・体験しました。その報告会をこんぴら橋会館で行いました。
 
 清掃工場移転問題、炉の老朽化、ペナルティ金の支払い(最終処分場への焼却灰の搬入量が規定量を超えるため)など、ごみ減量は避けられない課題です。

 稲橋ゆみ子からごみ問題の経過の報告、見学に参加した市民の感想、現在行われている、ごみ市民委員会の取り組みが話され、参加者で意見交換しました。

「リサイクルに協力したいが、情報がわかりにくい」「リサイクルがどのように活かされているのか実感できるものがほしい」「自分のごみは自分で処理するのが基本。市民の自覚が必要」「なかなか減らないのならば、有料化も必要ではないか」「清掃工場の問題など、長期的な展望が必要」「広域化するなら、公平な負担がもてるように十分な話し合いを」
など意義ある発言がたくさんありました。
 
 ゲストに酒井大史都議会議員、長島昭久衆議院議員を迎え、ごみ問題以外にも、地域主権や生活者主権、基地問題などの意見交換で時間が足りないほどでした。また、次回の開催を約束して終了しました。