2010年立川市議会議員選挙政策

2010年3月26日 15時38分 | カテゴリー: トピックス

「子育て・介護は社会のしごと」をスローガンにして

立川・生活者ネットワーク 稲橋ゆみ子の選挙政策をまとめました。

子どもの笑顔が輝くまち
*虐待・いじめをなくす! 子どもの権利条例を制定します
*保育所の環境を整え、保育の質を高めます
*スクールソーシャルワーカーの適正配置を実現し、子ども救済のしくみをつくります
*生涯学習の入り口となる中学生の部活動を充実させます

誰もが安心して暮らせるまち
*介護難民をつくらない! 在宅医療を受けられる地域福祉をすすめます
*DV(パートナーによる暴力)被害者への支援など、女性の人権や健康に配慮した施策をすすめます
*「新しい公共」としてのコミュニティビジネスをすすめます
*遠くのダムより足元の水源を守る! 地下水保全条例制定をめざします

食の安全が守られるまち
*消費者が選択できるよう、食品表示制度の抜本的改正を国に求めます
*農地を守り、給食に地元野菜の利用を増やします
*子どもがつくる「お弁当の日」で、食育をすすめます

平和を発信するまち
*多様な民族や文化を認め合う、武力に頼らない安心・安全を暮らしの場からつくります

市民自治と議会改革
*市民参画を位置づける、市民自治基本条例を制定します
*議会の役割を明確にする、議会基本条例制定をめざします
*議員特権はいらない! 議員年金は廃止します